J.S. Pancake Cafe

19 07 2010

自由が丘でホットケーキのランチをしました~。

私のイメージするホットケーキは、やはりメープルシロップやバター、ジャム、クリームなど合わせて食べる感じだけど、最近は朝食やランチにサラダやソーセージ、ベーコンなど合わせる人が多いのかな?

メニュー看板の写真があんまり美味しそうで。。

3Fのお店は思いのほか広くて、明るい店内。カップルや家族連れ、一人でゆっくりランチを楽しむ人で、良い感じの雰囲気。天気の良い休日のイメージにピッタリ。

運良く窓側に座れたので、初夏の緑道が見渡せて素敵。

理由はともかく、なぜか2日連続このホットケーキランチを食べる事に。食べたものは写真のとおり。ね?写真見ただけで食べたくなってきたでしょう?

ホットケーキと言えば英語ではパンケーキ。 イギリスでは”パンケーキデー”なるものがあります。キリスト教のShrove Tuesdayに当たる日でパンケーキを食べるのが習慣。

キリスト教の伝統ではこの日からイースターまでをLentと呼ばれる断食の期間としてその期間中は摂取が禁じられている卵、ミルク、バターなどを消費しようというのがそもそものはじまりだそうです。 イギリスのパンケーキは、日本で言うクレープ(ちょっとクレープより厚手かな?)のようなもので、材料はほぼ同じだけど、ベーキングパウダー無しで、牛乳多めでこうなる。

シンプルにシュガーとレモン果汁をかけて食べる人や、温かいダークチェリーのシロップ漬けと生クリームを添えたり。

イギリスのデザートはパイにしてもケーキにしても温かいものに冷たいアイスクリームを添えたり、逆にアイスクリームに温かいフルーツのシロップ漬けをかけたり、発想がちょっと面白い。

何はともあれ焼きたてのパンケーキにシュガーとレモン果汁はあっさりしててとっても美味しいのでお試しあれ。

パンケーキデーの由来を私に得意そうに話してくれる人はいても、実際断食をしている人は皆無に等しく。。でもパンケーキデーだけはしっかり受け継がれている感じ。

職場でも誰か必ず手作りパンケーキを持参してくれたり、道端や食材店ではでき立てを堪能できます。

ホットケーキもパンケーキもどちらも美味しい~。





Chicken Tikka Masala

16 05 2010

インドカレーはお好きですか?

イギリス滞在4年余りの間に、すっかりインドカレーの虜になった私。

それと言うのもインド人が多く在住するイギリスでは、インドカレーのレストランの数も半端ではない。イギリス料理は何かと聞かれて、インドカレーと答えても良いぐらいイギリス人はインドカレーをよく食べる。もちろんイギリス人の好みに多少アレンジされている部分もあるようだが、日本で食べるより値段も手頃で本格的だし、とても美味しい。

だから自然とインド食材屋も多く、普通のスーパーでも色々なスパイスが手頃な値段で買える。カラフルなスパイスが小瓶に入って横文字のラベルが貼ってあるのを見ると、使う当てが無いのに買い揃えたくなる。。

それな折、素晴らしいサイトを見つけた。 http://www.videojug.com/ イギリスの日常生活に関わる幅広いトピックに関するHow toサイトで、分かりやすい解説とビデオによる解説の両方が見られる。私が取り分けお世話になったのが、レシピビデオ。料理の作り方が分かり易くビデオで見られるから、多少文章だと分かり難い部分も確認出来る。

前置きが長くなったが、以上の理由がChicken Tikka Masalaが突如、私のレパートリーに加わった訳。

Chicken Tikka Masala Recipe-4人分

用意するもの:大きな蓋付の鍋

材料
分量表記について:teaspoon/tablesponと書かれているがティースプーンとはカレーなど食べる時のスプーンを使って計っていると言う事。videojugに出てくるレシピの分量は良くこの表記で書かれている。この場合、すり切りでは無く控えめの山盛り位でちょうど良い。カイエンヌペッパーだけは入れすぎるととても辛くなるので要注意。

*インド米/タイ米/日本米 (私はインド米、もしくはタイ米を使用)-インド米は炊く時に白胡麻を一緒に炊き込んでも美味しい。
*鶏ムネ肉 大3-ササミ(分量はムネ肉の倍)でもOK (2-3センチの角切りにして塩、胡椒で下味をつける)
*5 tablespoon オリーブオイル
*5 Cardamon Pods-カルダモンの実
*Cinnamon Stick-シナモンスティック 5センチほどを一本
*タマネギ 大2 (みじん切り)
*トマト 大4-1-2センチ角位に切る
*2 tablespoon トマトピューレ
*水 300CC
*塩(適宜)
*無糖ヨーグルト 3 tablespoon:量はお好みで
*コリアンダーリーフ(飾り用)

>>>以下の材料は全て混ぜ合わせカレーペーストを作る<<<
*4 teaspoon すりおろしたニンニク
*4 teaspoon すりおろした生姜
*2 teaspoon Cumin Powder-クミンパウダー
*2 teaspoon Coriander Powder-カルダモンパウダー
*1 teaspoon Turmeric Powder-ターメリックパウダー
*1~1+1/2 teaspoon Cayenne Pepper-カイエンヌペッパー
*2 tablespoon Paprika-パプリカパウダー
*1 tablespoon Garam Masala Powder-ガラムマサラパウダー

手順

1、オリーブオイル、シナモンスティックとカルダモンの実を鍋に入れ熱し、弱火で香りを出す。香りが出てきたらタマネギを入れほんのり狐色になるまで弱火で炒める。カルダモンの実とシナモンスティックを取り出す。

2、混ぜ合わせたカレーペーストを1も鍋に入れ、弱火でタマネギと数分間よく混ぜ合わせる。

3、2に切ったトマト、トマトピューレを入れよく混ぜる。

4、3に水を加える。強火にして一度沸騰したら味をみて好みで塩を加える。

5、4に鶏肉を入れ途中ゆっくり混ぜながら最低15-30分煮込む。

6、最後に味を見ながらヨーグルトを入れる。

7、コリアンダーリーフを飾り完成。

ポイント

*タマネギは良く炒めるほど甘みが出て美味しい。でも時間がかるので私は炒めてる間にカレーペースト作りや野菜、肉の下処理をする。タマネギを焦がさない様に注意!

*何故か”すりおろしニンニク”をいつも手ですりおろしている私ですが、ニンニクマッシャーや、ビン詰めで売られている市販のものを使っても支障は無いと思う。手でやると大変だし、手はニンニク臭くなるし、爪も傷むし良い事無い。。

*トマトは箱入りなどで安く手に入れば沢山入れても益々美味しくなるばかり。
トマトの量を増やした時は、水の量を少なめにするなど調整して。

*辛いのが苦手な人はカイエンヌペッパーは1 teaspoonすり切りから最初は作ってみた方が安全。

*ヨーグルトとの代わりにココナッツミルクで作ったこともあるが、知り合いのパキスタン人にそれではタイカレーだ!と激しく反対されたので、今はヨーグルトしか入れない。確かにヨーグルトの方が、スパイスの味を引き立てつつマイルドにしてくれるかも。

実はこのレシピ、Chicken Tikka Masalaとvideojugで紹介されていたのでそのままのタイトルで紹介したが、レストランで食べるChicken Tikka Masalaはもっとクリーミーで余り辛くない。それにChicken Tikkaはチキンをヨーグルトとスパイスに漬け込んで焼いたものを言うので、このレシピのチキンとは違う。
よってお店のChicken Tikka Masalaの味を期待して作ると、ちょっと違う。

レシピを見るとスパイスの種類の多さにやる気を無くしそうだが、一度揃えればチキン以外の素材で色々なバリエーションが楽しめる。それにインドカレーの基本スパイスはどれも大体同じ様な感じなので、一度揃えれば結構使える。

先にイギリス人のインドカレー好きに触れたが、最近はここ東京でも本格的なインドカレー、ネパールカレーなどをお手頃に食べれるお店が沢山ある。久し振りに帰国して店舗数の急増にビックリしているところ。

でもこのレシピはとーっても美味しくて、さっぱりヘルシーで時々無性に食べたくなる一品。一度に沢山作れるのでパーティーにもピッタリ。市販のナンを買ってきて簡単に我が家でインドカレーナイトはいかが?

でも一度作ると2-3日家中にカレーの臭いが充満する。。





New Year’s Day

3 01 2010

明けましておめでとうございます。

大掃除をして、年越しそばを食べて、初詣に行ってもなかなか年越しを実感出来ませんが、

母の作ったおせち料理を重箱に詰め、元日の朝にお雑煮の蓋を開けると、新年を感じます。

我が家のお雑煮は、母の実家の九州仕立て。

とはいえ各家庭色々な味があるのでしょうが、鶏肉、昆布、スルメを中心に具材(人参、大根、里芋、小松菜、椎茸)から出た味と醤油と塩で味を調えたシンプルなもの。

野菜は縁起良くすべて丸く切って、丸餅は焼かずに入れ、鳴門と柚子の皮で彩を。

おせち料理の定番は、かまぼこ、厚焼き玉子、伊達巻、昆布巻き、高野豆腐、煮しめ、なます、黒豆、栗金団、コハダ、田作。。。

正月2日目ぐらいまでは美味しく頂き、3日頃にはそろそろトーストにコーヒーでもと思うのは私だけでしょうか?

イギリスではクリスマスのローストターキーや、日曜日のサンデーローストで余った野菜などで作るBubble & Squeakと言う料理があります。

マッシュポテトを繋ぎに色々な野菜を入れて適度に潰し、フライパンにバターを溶かし両面をこんがり焼いたもの。

日本のおせち料理の残りで、何か新しいレシピあるかしら?

その前に、母のお雑煮と、おせち料理の定番を早くマスターしなければ。





Cherry Cheesecake

31 12 2009

イギリスに滞在していた頃、友達からクリスマスプレゼントに Nigella Lawson の”Nigella Express”と言うレシピ本をもらった。

Expressと言うだけあって、市販されている材料を巧みに使ったレシピばかりでちょっとした手抜き料理本。

Cherry Cheesecakeもその一つで手作りの割には材料費が高くつくレシピ。

でも味も、見た目も最高で、失敗もほとんど無し。なんと言っても簡単で、食べた人からいつも二重ハナマルを貰うので、かなりの頻度でデザートの座を獲得。

所要時間50分、片付けちゃんとやったら1時間かな。

Cherry Cheesecake Recipe

用意するもの:ケーキ型(底が抜けるタイプで18センチがベスト):泡立て器:電動ハンドミキサー

材料

  • 125g Digestive Biscuits(いわゆる麦芽入り全粒粉のビスケット。私が使ったのはMcVitie’s Digestive Biscuits、これなら比較的ローカルなスーパーで売ってる)
  • 75g 無塩バター(室温にしても相当硬いのでレンジを使った方が無難)
  • 300g クリームチーズ(やはりPhiladephia Cream Cheeseが美味しい)
  • 60g 粉砂糖
  • 1 teaspoon バニラエッセンス
  • 2 teaspoon レモン汁(酸味が苦手な人は1 teaspoon)
  • 250ml 生クリーム、乳脂肪分は何でもOK
  • 1 x 284g St. Dalfour Black Cherry or Blueberry(輸入食材店などで必ず見かける長いビンが目印のフランスのジャム、砂糖不使用。ブラックベリーだと完璧。ブルーベリーでも素敵。私はこのブランドのブラックベリーを日本でまだ探せてません。誰か知っていたら教えて下さい)

手順

  1. Digestive Biscuitsを丈夫なビニール袋に入れて口をしっかり閉めて棒などで粉々に砕く。(フードプロセッサーだと簡単かな?でもストレスたまってる人は是非棒で。)
  2. 1とバターを良く混ぜ容器の底に均等に平らになる様に指で敷き詰める。
  3. クリームチーズを8等分位に適当に切ってから、レンジで柔らかくする。
  4. 2と粉砂糖、レモン汁、バニラエッセンスを泡立て器で滑らかになるまで混ぜる。
  5. 大きめのボールに生クリームを入れ電動ハンドミキサーで7分立てする。
  6. 4と5を泡立て器でよく混ぜ合わせる。
  7. 6を2で準備した容器に流し入れ、表面をゴムベラなどで平らにする。
  8. 7を食べる前最低3時間位は冷蔵庫で冷やす。
  9. 8の上にジャムを好みの量のせる。

ポイント

  • クリームチーズはレンジをかけ過ぎると生クリームと分離しやすいので、ちょっと大変だけど泡立て器で混ぜれる程度の硬さで。
  • 生クリームの泡立て過ぎに注意!角は立ってもすぐヘタルぐらいでストップ。チョコレートブラウニーなどに添えてあるクリームくらいの硬さかしら?
  • 本にはジャムは食べる前にのせる様に書いてあったけど、早めにのせた方が本体と馴染んで美味しい。私は食べる前日の夜に作って、食べる日の朝に容器からはずしてジャムをのせて(その方が簡単にぬれる)、夕方のホームパーティーのタイミングに完璧。

実は今からこのチーズケーキを作るつもり。

お正月元日はやはりお雑煮、おせち料理でスタートだけど、3時のおやつはチーズケーキとコーヒーもありかな。。と?

家族内多数決で勝ったチーズケーキはやっぱりすごい。